2012年02月24日

脱原発アートイベント“Questions”行ってきたー

昨日はMaskz主催の脱原発アートイベント
Questions”に行ってきましたー。@渋谷www
1回目のイベント、大成功だったのではないでしょうかー。
120222_flyer_maskz

以下、wwwのサイトから引用。

複数のオープンリール式磁器録音機を楽器として駆使し、
不可思議な回転音楽を奏でるパフォーマンスが世界各国からも
高い評価を受けているオープンリールアンサンブル
彼らのライブにあわせ、アートディレクター信藤三雄による
映像やメッセージがコラボレーション。

「物語のある音楽」をテーマに、フルート、ウッドベース、
ピアニカ、テープレコーダーなどの楽器と、
各地でフィールドレコーディングした音を絡ませた即興演奏を
聴かせるシネマダブモンクスのライブに、
写真家TAJJIEMAXのフォトスライドが加わり 、
さらには高橋久美子(exチャットモンチー)による
詩の朗読もミックス。

その他にも湯山玲子×BOSE(スチャダラパー)による
本音トーク、等々

直接的な思想や理念の押し売りではない、
イベント名そのままに、音楽やアートを通して、
観客の心に様々な“クエスチョン”を投げかける、
新しい形の脱原発メッセージイベント。

Maskzは、アートディレクター信藤三雄さんを
中心としたアーティスト集団。
音楽やアートのパワーを使って世の中を
良くして行きたいというメッセージは
にわかではなく、320氏が一貫して
行ってきたことだと思うし、
そういう人達がイベントを行うことはとっても
意義があることだなーと思います。

今度はお客さんとのコミュニケーション型の
イベントにしてもいいよね、という話が
湯山さんとBOSEさんのトークでも出たり。
立食パーティもアリだよね、とか。
会場にいるひとりひとりが
意見を交換出来たら面白いかもですね。
なかなかそういう場もないので。

ライブ演奏+映像もすごくよかった。
「こういう形だったら素直に参加出来るなー」
という、ちょっと照れ屋のお客さんには
とってもいい場だったと思いますー。

これから長い目でこの活動を行っていきたいとのことで
今後どんどん進化していくイベントになりそう!
伏見京子さんの作ったマスクもかっこよかったなー!
mayutan_net at 00:24│Comments(0)観た〜 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔