2005年12月01日

mum東京公演

mumのライブに行ってきましたー。mumみたいな音楽は、おうちでまったりCDで聴くのがいいんだろうなーと思っていたのだけど、、大きな勘違いでした〜〜。。「今、ここで何かが起きている」感のあるステージングが素晴らしすぎ!!繰り広げられている物語は、もちろん音楽という手段を使った表現ではあるのだけど、プラスαというか、その場に居ないと判らない空気で満ちていて、ニカというジャンル分けは結果であって、本人たちは素晴らしくフレキシブルな姿勢で作品作りをしている事がよく判りました。人形劇のあやつり人形を操ってる裏方さんを垣間見るような(笑)。普段、音楽が生まれていく現場もこういう自由な雰囲気なんだろうなーって。なんとなく、こないだトクマルシューゴくんが楽屋で「ライブの時も、自分ちみたいにちらかさないと出来ないんです」って言ってたのを思い出しました。(私もそーです。。)クリスティンちゃんのたたずまいもナチュラルでよかったし、いや〜〜明暗あわせもった興味深いステージで、たいくつしませんでしたー。

【DATA】
2005年11月30日(水)
Shibuya O-EAST
出演 :mumFleckfumie

Finally We Are No One

mayutan_net at 01:13│Comments(0)観た〜 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔