2005年10月18日

アイドル万華鏡

奇才・辛酸なめ子が放つ前代未聞のアイドル考察記録(帯の文章より引用)。という訳で、辛酸先生の新刊の紹介です。ご本人のレトロな着物姿がすてきな表紙もすごいけど、淡々とした丁寧な口調で毒を吐くテクもすごいです。辛酸先生のどこが好きかというと、「結果的に仕事になった感」が溢れている所。みうらじゅんやタナカカツキのように、濃くて深い好奇心がムクムクとうずまいていて、自ら進んでネタ蒐集してる様子が伺えます。例え経費が出なかったとしても、彼女はクリスチャン・ラッセンの来日記念展示即売会に行ってしまったり、JUNONのバックナンバーをスクラップしたりしてる気がします〜(笑)ちなみに10月21日(金)〜11月4日(金)まで、代官山のIvyHouseにて池松江美(辛酸なめ子)プロデュースの企画展“celebrity now!”が行われるもよう。テーマは「セレブ」。“着るだけでセレブに変身”できる簡単セレブ服販売など、そーとーおもしろそうです。。

アイドル万華鏡

mayutan_net at 01:43│Comments(0)おすすめ 

この記事へのトラックバック

1. 『アイドル万華鏡』 アイドル、メッタ斬り!  [ 粗製♪濫読 ]   2005年10月18日 06:11
著者:辛酸なめ子  書名:アイドル万華鏡 発行:コアマガジン 痛快度:★★★★☆ 漫画家、コラムニストの辛酸なめ子氏による容赦ないアイドル評。 「伊東美咲: ヌメった唇のアップは淫靡であからさまに女性器を象徴… 小倉優子: 綿矢りさ以外にも様々のバーチ...

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔