2006年01月

2006年01月31日

紅天女、舞台化〜

d0260136.jpg「べにてんにょ」ではありません、「くれないてんにょ」と読みます。名作マンガ「ガラスの仮面」の中で、北島マヤと姫川亜弓が主役を競っているあの幻の名作「紅天女」がなんと舞台化されるんです。それも国立能楽堂で、能さくひんとして。つまり主演は男性なのですけどもね。それはそうと、早くマンガの方の続きが見たい!桜小路君の動向が気になってしょうがない。。何だか訳がわからないとゆう方は一気に全巻読破して欲しいです(最新刊は42巻、いまだ終わってません)

【DATA】
特別企画公演 紅天女
国立能楽堂
2006年2月24日(金) 〜 2006年2月25日(土)
美内すずえ監修
mayutan_net at 05:45Comments(0)ざっき 

2006年01月30日

佐藤敬子先生はザンコクな人ですけど

これ、4〜5年前に出たあがた森魚さんのアルバムのタイトルなんですけど。あまりにいいアルバムなんでここ最近ずっと聴いてます。。ジャケット、コンセプト、楽曲、声、すべてがあがたの輝きで満ちている。(ちなみにジャケットデザインは岸野雄一氏。)何故に何故に、こんなに活動歴の長いアーティストが、21世紀の今、本気で小学校時代の想い出をここまで克明に表現出来るの!?表題曲「佐藤敬子先生はザンコクな人ですけど」と、聴いてて情景が思い浮かぶ、2曲目の「山羊のミルクは獣くさいオイラの願いは照れくさい」が特に秀逸。アレンジや作曲で関わっているHARCO(青木慶則)との相性もばっちり。ラスト曲の「太陽コロゲテ46億年」で、深いのにかろやかなアレンジで余韻を残し、結局また最初から聴き直してしまいます。あがた氏はライブ活動も精力的に行っているのでぜひ足を運んで欲しいです。青柳拓次参加の最新アルバム「Guineo Verde」もおすすめ〜。

佐藤敬子先生はザンコクな人ですけど

mayutan_net at 02:08Comments(0)おすすめ 

2006年01月29日

GOOD GUM

99c391f9.jpgM.A.G.O.で活躍中の冨岡映里さんのブランド「the teachers」の展覧会が開催中です〜。「the teachers」は布や手芸用品、紙などを使いながら新しい視点を提案してくれるかっこいいブランド。この展覧会、まだ見に行ってないのだけど100%かっこいいと思われ!タイトルは「GOOD GUM」。この宣伝写真も妙に気になります〜。『マイ・スカーフ作り』や『マイ・石器ひも作り』などのワークショップも予定されてます。ぴんと来た方、ぜひON SUNDAYSへ〜。

【DATA】
GOOD GUM
2006年1月21日(土)〜2月19日(日)
11:00-20:00 無休
ワタリウム美術館内
ON SUNDAYS(カフェ・スペースでの展示となります。)

2006年01月28日

不憫なブライス達

a76b5793.jpg我が家にブライスが大勢居るのは以前ざっきにも書きましたが、引っ越してからしばらく、お気に入りの子以外は衣装ケースにゴッソリまとめて入れっぱなしでした。多分ブラ好きの人が見たら怒りそうな待遇です。。さらに先日、保管場所を移動するためダンボールに入れちゃいました、ブラちゃん達ごめんなさい!でもこの状態ちょっと面白くて、ついしゃしん撮ってしまいました〜、はうー。。
mayutan_net at 03:32Comments(0)ざっき 

2006年01月27日

bidpayが使えない〜

b448af7b.jpgみなさん、ebayオークションやってますかー!?私は毎日やってます!(笑)ところで最近気付いたのですが、bidpayという送金サービスが昨年末で終了してしまったようです〜〜(泣)普段の支払いはPAYPALがメインなので今まで気付きませんでした。。どちらもネット上でクレジットカードを使う国際送金サービスに違いはないのですが、bidpayの方はmoneyorder(国際送金為替)を代行発送してくれるシステムなのです。つまり支払い方法をmoneyorderのみ、としているセラーさんには便利な方法だった訳です。。という事は!今後は郵便局に早いじかんに行って、あのおそろしく面倒な手続きをしないといけないんですね〜。ちょっと半泣きです。今どき手書きって。。請求書を書くのが「苦手なことベスト3」に入る私としては、真剣に次なるサービスの出現を期待します!まぁほとんどはPAYPALで済むんですけども〜。
※今回bidpayの事を調べてて、べんりな情報blogを発見しましたー。
英語 de eBay

mayutan_net at 00:51Comments(1)ざっき 

2006年01月26日

30-35

スキージャンプ・ペア」でおなじみ、茂木 淳一さんがプロデュースするCDマガジン30-35(サンゼロ・サンゴー)。これって文字通り、現在30〜35歳の人をターゲットにした企画。あの頃のあの空気を懐かしむと共に、再評価しようというコンセプトな訳ですが、昨年末にリリースされたVol.7「イカ天特集」にコッソリ「マサ子さん」が入ってま〜す(笑)収録メンツは、たま/FLYING KIDS/ BEGIN/マルコシアス・バンプ/Jitterin' Jinn/KUSU KUSU/宮尾すすむと日本の社長/人間椅子/NORMA JEAN/THE NEWS/C-BA/グレイトリッチーズ/AURA/カブキロックス/ブラボー/マサ子さん/remote/大島渚/茂木淳一と日本の社長。当時をご存知の方にはちょっぴし気恥ずかしいメンツですが、私も毎週見てたクチですんで(←傍観者的はつげん)気になるCDですねー。マガジンの方にはみうらじゅん(ex.大島渚)×和嶋慎司(人間椅子)の対談などコアな情報も載ってて、買いです!若い世代のひとにも80年代と90年代のはざまの、ダサいけど妙なパワーを持つ空気を味わって頂きたいです☆(笑)

【DATA】
30-35 VOL.7「いか天」特集
Sony Music
2,480円(税込)
30-35 vol.7 「イカ天」特集

mayutan_net at 01:01Comments(0)おしらせ〜 

2006年01月25日

スカルネックレス

49c39a20.jpgファッション誌「SPUR」×ブランドのコラボのネックレスが欲しい〜。2種類あって両方ともスカルモチーフ。1つはfrom香港のジョアンナ・ホーのデザインで、ピンクのドクロがお花つきの帽子かぶってる、ばくしょうー。(←よく私もこーゆー帽子かぶってる。。)そしてもう1つはモスライトのデザインで、淡水パールのペンダントヘッドが、よく見たらドクロ!うーん、両方欲しい。。ネット通販オンリーなので急ぎましょう〜。
mayutan_net at 00:06Comments(0)ざっき 

2006年01月24日

warehouse party

8849f533.jpg私の好きなもの。どうぶつ、女の子、こども、ピンク。さらにそれに毒が加わればさいこーです。ちょいとひねくれてないとイヤなのです。そんな私にピッタリ、のイラストレーターnakkiが初イラスト展をするそうです!タイトルも秘密パーティっぽくて可愛い、、会場は新宿のFEWMANYなので、伊勢丹で春物チェックした帰りにでも行ってこよーと思いま〜す。

【DATA】
Warehouse Party
nakki first mini exhibition
2006.1/30(mon)〜2/5(sun)
FEWMANY

2006年01月23日

ユリア・ビュッテルマン

5e5f5e04.jpg前に香港に行った時に、市場で見かけた紙製のおもちゃ。スーツ・ラジカセ・バッグなどぜいたく品?ばかりで、キッチュだけど本物っぽく作ってあるのが可愛くて、しこたま買ったんですが、あとから「あの世で困らないように、亡くなった人のお棺に入れてあげる物」という用途を聞いて、怖くなって処分しました。。でもやっぱり自分的には、本物そっくりに作ってあるニセモノって大好き☆(食品サンプルとか!)それで今回紹介するのが、ベルリンのペーパーアーティスト Julia Buettelmann(ユリア・ビュッテルマン)。彼女は包装紙や雑誌の切り抜きetc、紙を使って作品を作るアーティスト。靴、時計、コーヒーカップ、実物大の紙製アートがすんごくかわいい。ぜひサイトもちぇっくしてね〜。

papp show(音が出ます、ちゅうい)
mayutan_net at 04:55Comments(0)おすすめ 

2006年01月22日

壁を破る言葉

巷では「魔法の杖」という本が、書物占いの現代版としてはやってますが、私にとっての魔法の杖はこの本です、「壁を破る言葉」by 岡本太郎。全編、力強く単純明快な文体の名言集という構成。まぁ、元来のーてんきな性格なので「壁にぶちあたった〜」とか悩むことはほとんどナイのですが、迷った時には占いきぶんで好きなページをパッと開いてみたり。やっぱり太郎先生のお言葉は有り難いですね〜。えーとじゃあとりあえず、パッと開いたページを引用してみますか。【壁は自分自身だ。】はい、その通りです〜〜〜。「強く生きる言葉」もどうぞー。

【DATA】
『壁を破る言葉』
岡本太郎・著
イーストプレス
¥1,050
180 p

壁を破る言葉

mayutan_net at 00:20Comments(0)おすすめ